/

この記事は会員限定です

法務・監査、AI活用進む 文書検索や契約書作成

まだ「実力不足」/法整備も課題

[有料会員限定]

法務や会計監査に人工知能(AI)を活用する動きが広がり始めた。手作業に頼っていたデータや文書の検索などを効率化すれば、弁護士など専門職は、より付加価値の高いサービスに集中できると期待が膨らむ。一方でAIが進歩すると、弁護士や公認会計士の仕事が減る懸念もある。AIを想定していない弁護士法のあり方を見直すきっかけにもなりそうだ。

あずさ監査法人は2014年に設置した、データ解析の専門部署「次世代監査技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン