2019年1月21日(月)

法務・監査、AI活用進む 文書検索や契約書作成 まだ「実力不足」/法整備も課題

2016/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

法務や会計監査に人工知能(AI)を活用する動きが広がり始めた。手作業に頼っていたデータや文書の検索などを効率化すれば、弁護士など専門職は、より付加価値の高いサービスに集中できると期待が膨らむ。一方でAIが進歩すると、弁護士や公認会計士の仕事が減る懸念もある。AIを想定していない弁護士法のあり方を見直すきっかけにもなりそうだ。

あずさ監査法人は2014年に設置した、データ解析の専門部署「次世代監査…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報