/

この記事は会員限定です

新潟の新ブランド米「新之助」 高値でデビュー

一般コシヒカリの2倍

[有料会員限定]

新潟県の新ブランド米「新之助」が5日、東京、大阪など主要都市の店頭に並んだ。鳴り物入りで売り出されただけに、付いた値段は新潟産一般コシヒカリのほぼ2倍。厳密な生産管理で、出荷量も限定したという。

日本橋三越本店(東京・中央)では5キロ3780円が付いた。同店でトップセールスした泉田裕彦知事は「天日干しなどでプレミア価格がつく魚沼産コシヒカリがライバル」と説明。店と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン