/

この記事は会員限定です

日本ライブ伝説(1)吉田拓郎と1970年代

野外へ放たれた叫び 田家秀樹

[有料会員限定]

時を超えて語り継がれるライブがある。意義や時代に残した足跡、その後の音楽シーンに与えた影響について、音楽評論家の田家秀樹さんが1970年代から振り返る。

僕もみなさんも、よく生きて来られました――。

吉田拓郎は、9月26日に千葉県・市川市文化会館で行われた2年ぶりのツアーの初日にそう言ってはにかんだように笑った。

4月に70才の誕生日を迎えたばかり。"若者文化"の象徴的存在だった彼ならではの感慨も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン