2019年1月19日(土)

道内新電力、2強けん引 自由化から半年、北海道ガス・コープさっぽろ

2016/10/4付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

4月の電力小売りの全面自由化から半年が経過した。北海道内での家庭向け電力小売りには10社程度が参入したものの、北海道電力からの転換需要を多く集めているのは北海道ガスとコープさっぽろの2陣営だ。道内の家庭に都市ガスや灯油の販売で入り込んだ営業網を生かしている。まだ模様眺めの利用者が多いなか、2強の戦略が市場の今後を左右しそうだ。

自由化当初の需要が落ち着き、北電から新電力に契約を移す動きは、夏場に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報