/

この記事は会員限定です

柄谷行人の批評 影響認めて自分を解放

國分 功一郎

[有料会員限定]

毎回、次の号が発売されるのを心待ちにする。発売されたら、その日のうちに買ってむさぼるように読む。雑誌を楽しめた時代は幸福だった。私にもそういう雑誌があった。1991年創刊の「批評空間」(太田出版。後に批評空間社)は、90年代、思想や批評に関心をもつ人たちの誰もが読んでいる専門誌だった。

当時はまだ、かすかではあるが、「フランス現代思想」と呼ばれた哲学運動に輝きが残っていた。それは「舶来品」という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン