日本留学の経験生かし起業 文化・生活での懸け橋に

2016/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日中間では経済関係の拡大に伴い、文化や生活の分野でも交流が深まっている。中国からの留学生が日本の経験やノウハウを持ち帰り、この分野で新たな懸け橋の役割を果たす例が多い。

「コーチたちに笑顔のつくり方から教えた」。北京のスイミングクラブ「協栄遊泳倶楽部」の菊田朝暉総経理は2003年の設立当初の苦労を振り返る。旧姓・閻の菊田氏は背泳ぎの元中国代表選手。5歳で体育学校に入り、21歳に引退するまで「練習…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]