/

この記事は会員限定です

難波弘之、鍵盤生活40年の技

[有料会員限定]

「プログレの貴公子」ことキーボード奏者の難波弘之(63、写真)が「鍵盤生活40周年記念ライブ」を開いた。山下達郎や高嶋政宏、娘の玲里をはじめ多彩なゲストを交えた4時間半のステージで、進化を続ける百戦錬磨の技を披露した。

父はジャズ、母はクラシック。音楽一家で育ち、幼少時からピアノを学んだ。少年時代は「日本のグループサウンズや欧米のサイケデリックロック」にあこがれる。守備範囲の広さが難波の特徴にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン