/

この記事は会員限定です

金融商品の手数料見極め

保険でも開示圧力強く

[有料会員限定]

マイナス金利下でお金を少しでも殖やそうと思えば、元本リスクのある金融商品は避けて通れない。このため、金融機関に相談すると、外貨建ての一時払い保険や株式などで積極運用する投資信託を勧められることが多い。ただし、販売手数料などの名目で投資元本から差し引かれるコストを見極めずに手を出すのは禁物。コストの大きさは資産運用の成否そのものを左右しかねないからだ。

「銀行が取る手数料が高いし、いったん投資すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1961文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン