2019年9月15日(日)

単純労働、人手確保に道 外国人受け入れ
新枠組み、分野選定に課題も

2016/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が単純労働の外国人受け入れに踏み出す。国別に人数や業種を管理する形をとりつつ、介護や建設など人手不足が深刻な分野での働き手を増やす狙いだ。不法労働が横行する技能実習制度の段階的な縮小も視野に、合法的に受け入れ枠を広げる。ただ外国人の増加に消極的な意見もあり、対象分野や相手国は慎重に選ぶ方針だ。(1面参照)

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。