/

この記事は会員限定です

(Science&Techフラッシュ)神戸大、運転者の視線を簡単計測

[有料会員限定]

神戸大学 長松隆准教授らは自動車の運転者の視線を正確に捉える技術を開発した。赤外線装置と小型カメラで眼球の位置や視線の向きを特定する=写真。運転者が代わっても視線計測のための調整は不要。脇見運転を警告する装置などへ応用を目指す。

運転中の視線を細かく調べることができれば、脇見運転の警告以外に、居眠りや体調の変化なども検出で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン