/

この記事は会員限定です

外国人も特区で本格始動

[有料会員限定]

外国人による家事代行サービスは、政府の国家戦略特区の目玉の一つだ。受け入れに名乗りを上げた神奈川県と大阪府の第三者管理協議会は8月、認可事業者を発表。年内にも各社のサービスが始まる予定だ。東京都も12月をメドに協議会をつくる見通しだ。

神奈川と大阪で認可を受けたベアーズ(東京・中央)は両府県で4人ずつ、フィリピン出身のスタッフを雇う予定。早ければ2017年早々に業務を始める。

サービスはマンション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン