/

この記事は会員限定です

大東建、経常益最高650億円 4~9月上振れ

賃貸アパート伸びる 円高で原材料コスト減

[有料会員限定]

大東建託の2016年4~9月期の連結経常利益は前年同期比6%増の650億円程度になりそうだ。過去最高を見込んでいた従来予想(630億円)から増益幅が拡大する。マイナス金利政策により賃貸住宅向け融資金利が低いことが追い風となり、賃貸アパート建設事業が好調だ。円高で輸入木材などの原材料コストが減ったのも利益を押し上げる。

売上高は6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン