/

この記事は会員限定です

資産構成、年齢に応じ点検

拠出は月5000円から

[有料会員限定]

掛け金の最低額は月5000円。年に1度変更できるので、教育費がかさむ時期や、住宅ローン返済を優先したい時期などは減らすことも可能だ。ただし節税効果を高めるためには、上限額の範囲内でできるだけ大きな金額で活用したい。

税制優遇の大きな運用の仕組みにはほかに少額投資非課税制度(NISA)もあるが、NISAは預貯金は対象外。個人型DCは投信、保険のほか預貯金も選べる。運用で損が出るのが怖いなら、預貯金を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン