/

この記事は会員限定です

サラリーマン、農を担う 相次ぐ企業参入

雇用22万人 「選ばれる産業」には遠く

[有料会員限定]

農業の担い手が変わりつつある。かつて主流だった家族経営は先細りとなり、組織に雇われるサラリーマンが目立つようになった。企業参入など法人化を通じて農地の規模を拡大していくことは「強い農業」への重要な一歩になるが、人手不足の壁が立ちはだかる。働く人から選ばれる産業への道のりはまだ遠い。

(中戸川誠)

農家の平均年齢67歳、離農による耕作放棄地は富山県並みの42万ヘクタール――。日本の農業はとかく後ろ向き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン