/

この記事は会員限定です

自衛隊、リスク引き受ける 安保法成立1年

河野克俊統幕長に聞く 日米韓の連携、一層深める

[有料会員限定]

集団的自衛権の行使など自衛隊に新たな任務を与える安全保障関連法の成立から19日で1年を迎える。中国軍艦による沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域の航行や北朝鮮による核実験など、日本周辺の安全保障環境は厳しさを増す。自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長に日本の防衛のあり方を聞いた。

――安保法に基づく新任務の準備は進んでいるか。

「準備できたものから順次訓練を開始する。秋にキーン・ソードという日米統合演...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン