/

この記事は会員限定です

原料作物も被害大きく 影響、拡大の懸念

[有料会員限定]

北海道が公表した台風による農産物の被害総額は149億円。もっとも、被害を受けた作物はそのまま販売されるものだけではない。飼料用作物のほか、加工されて製品になる原料作物も多く被災した。これらの供給が減ることで、影響はさらに拡大する懸念がある。

「農道の復旧見通しが立たず、牧草を刈りにいけない。乳牛に来年食べさせるエサがなくなってしまった」――。台風10号で甚大な被害を受けた清水町の酪農家は、生産して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン