/

この記事は会員限定です

AI、込める「日本らしさ」

「わずかなデータでも最適解」産官学で開発 医療や防災に照準

[有料会員限定]

政府が成長戦略の柱とする人工知能(AI)を産官学で開発する大型プロジェクトが動き出す。理化学研究所に国内最大級の研究拠点を設け、今後10年で1000億円を投じる異例の規模だ。日本らしいAIにこだわるという。日本流の戦略に勝機はあるのだろうか。

東京駅近くにそびえるビル。理研革新知能統合研究センターが9月中にも国内最大級となるAI拠点の入居を決める。トヨタ自動車NECなど産官学から精鋭100人を集める。

深層学習で後れ

AIは人間の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン