/

この記事は会員限定です

合弁先・美的が独ロボ買収、影響は

安川電機社長 小笠原浩氏に聞く 家電製造自動化の参考に

[有料会員限定]

中国企業による海外企業の買収が続くなか、家電大手の美的集団がドイツの産業用ロボット大手、クーカの買収を進めていることにロボット業界が注目している。美的が安川電機とロボット製造の合弁会社を設立しているにもかかわらず、クーカ買収に踏み切ったためだ。安川側は今回の買収劇をどう見ているのか。小笠原浩社長に聞いた。

――美的集団とは合弁会社を2社設立しています。

「1社は産業用ロボットを製造する会社で、我々が51%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン