/

この記事は会員限定です

PCデポ株、運用会社が相次ぎ売却

高額解約料騒動を嫌気

[有料会員限定]

運用会社がピーシーデポコーポレーション株を相次いで売却している。7日にはフィデリティ投信とみずほ投信投資顧問による売却が明らかになった。PCデポは会員サービスの解約料が高額だと批判されており、一連の騒動を受けて株の売却に動いたとみられる。

7日に関東財務局へ提出された大量保有の変更報告書によると、フィデリティ投信のPCデポ株の保有比率は5.10%から2.31%に低下した。同投信は「個別銘柄の詳細については答えられない」とコメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン