/

この記事は会員限定です

花開くか大学発ベンチャー(上)大手企業、連携急ぐ

「社外の知」成長に不可欠

[有料会員限定]

大学の研究成果を事業化する大学発ベンチャー(VB)が成長の第2ステージを迎えた。設立が増加に転じ、大手企業との連携が加速。国も投資資金の提供で起業を支援する。米国のように大学発VBが産業の新陳代謝を促す起爆剤になるか。

「九州発の技術で世界で勝ちにいく」。キューラックス(福岡市)の安達淳治・最高技術責任者はこう語る。九州大学の安達千波矢主幹教授が開発した有機EL材料を事業化するため、2015年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン