2018年8月20日(月)

下請法違反 監視強まる
公取委、指導最多「買いたたき」に的 中小賃上げ政権の意向にじむ

2016/8/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 公正取引委員会が大企業の下請法違反の監視を強めている。2015年度に是正を指導したのは5980件と過去最多。特に部品などの仕入れ代金を不当に安くする「買いたたき」の取り締まりが増えている。中小企業の賃金を底上げしてデフレ克服につなげたい政権の意向もにじむが、法の運用の仕方次第では、経済の活力をそぎかねない懸念もある。

(伊藤正倫)

 「採算悪化に音を上げ取引解消を申し出たら調達先変更に伴う追加コスト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報