/

この記事は会員限定です

保育所新設、民間が抑制

大手6社、今年度4%減の47カ所 保育士の確保難しく

[有料会員限定]

民間の保育サービス大手が施設の新設を抑制している。JPホールディングスなど大手6社による2016年度の設置計画数は合計47カ所となり、前年実績を4%下回る。保育士の確保が難しくなっているため。政府は17年度末までに待機児童をゼロにする目標を掲げており、資金力のある民間大手による新設への期待が高まるが、けん引役としての力は限られるのが現状だ。

JPホールディングス、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン