/

この記事は会員限定です

地銀サバイバル 道探る 4~6月、4分の3が減益

再編 効果大きいが壁高く

[有料会員限定]

地方銀行の経営が厳しさを増している。日銀マイナス金利政策の影響もあり、上場地銀83行の2016年4~6月期決算の純利益は4分の3の62行で前年同期比減益になった。貸出金利の低下で貸し出しによる収益は80行で減少。利ざやに代わる収益源の投資信託などの手数料収入も伸びないなかで、地銀各行は生き残りをかけて「再編」「分野統合」「異業種連携」の3つの道を模索している。

地銀にとって合併・統合は最も大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン