/

この記事は会員限定です

謝罪「失礼しました」より「すみません」 言葉遣い・社外編

対応急ぐ姿勢前面に

[有料会員限定]

気持ちよく仕事をするもしないも言葉の選び方次第。特に相手が取引先など外部の人の場合、社内の相手以上に気を遣わねばならないだろう。なるべく相手の気分を害さず、和やかに仕事を進めるコツをまとめた。

「謝罪の言葉はどれがベストなのか」。アパレルメーカー勤務の社会人1年生のAさんは迷うことがある。丁寧なのは「申し訳ありません」なのだろうが、取引先がイライラしている状況などでは「すみません!」の方が良いよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン