ブライトンビーチ再訪 沼野 恭子

2016/8/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ブライトンビーチは、三〇年ほど前アメリカに住んでいたときに一度訪れたことがある。亡命ロシア語作家エフライム・セヴェラに会うのが目的だった。でも今回はこれといった目的があったわけではない。だからこそなのかもしれない、記憶のかなたから前回の印象が蘇り、たえず二重露出のように目の前の風景に重なっていたのは。

ニューヨーク・マンハッタンから南に延びる地下鉄で三〇分も行くと、電車は途中から地上に出て、やが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]