日中映画交流史 劉文兵著

2016/8/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

戦前から現在まで映画を巡る日中の交流史を、中国出身の研究者が読み解いた。終戦後、日本映画が中国で脚光を浴びたのは1950年代半ば。反戦や資本主義批判をテーマにした独立プロ作品だった。文革が終わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]