公取委、アマゾン立ち入り 最安値保証を問題視

2016/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

公正取引委員会が電子商取引(EC)大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)に立ち入り調査に入った。公取委はアマゾンが取り扱う商材のなかでも特に電子書籍について、競合他社と同レベルの価格や品ぞろえを出版社側に保証させる行為を問題視している。欧州連合(EU)の当局も同じ内容で調査しており公取委の判断が注目される。

取引先に最も有利な価格や品ぞろえで取引するよう求める契約手法は「最恵国待遇(MFN)条項」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]