問われる資本主義(2)共感・利他の精神が鍵に
内向きを改め視点広げよ 堂目卓生 大阪大学教授

2016/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

資本主義とは、民間企業が市場を通じて資金調達・生産・販売を行い、消費者に財とサービスを提供するシステムである。このシステムの下では法に反しない限り、誰でも自分の資本を使って、あるいは他人から資本を借りて自由に事業を始められる。つまり自由な企業(起業)が許される。

ただし、企業は市場で他の企業との競争にさらされる。消費者に良質な財とサービスを安価に供給できる企業は利潤を得て勝ち残れるが、それができ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]