/

この記事は会員限定です

14年度GDP、実はプラス成長? 日銀、税務情報で独自試算

内閣府は反論

[有料会員限定]

国内総生産(GDP)などの経済統計を巡り、日銀と内閣府で論争が勃発している。事の発端は日銀が7月20日にホームページ上で公表した「税務データを用いた分配側GDPの試算」という1本の論文だった。

「得られた結果はかなりショッキングでした」。日銀の関根敏隆調査統計局長は7月下旬、統計の改善を話し合う総務省の部会で論文を説明した。2014年度の名目GDPは内閣府の公表額(490兆円)より約30兆円多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン