四十にして惑はず 作家 北村薫

2016/8/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

江戸川乱歩の少年探偵物に、『怪奇四十面相』がある。かの怪人二十面相が、レベルアップしたぞと誇らしげに自称する名が、それだ。子供の頃から《よんじゅうめんそう》と読んで来た。しかし、ある時、《しじゅうめんそう》となっている文章に出会って、驚いた。原典の《四十》には、ルビがない。友達に電話したところ、

「《よんじゅうめんそう》でしょう」

と、皆が答えた。

その結果に力を得、この分野の権威、戸川安宣氏に聞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]