商慣行見直しでスマホ市場の競争促進を

2016/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

公正取引委員会がスマートフォン市場の競争促進に乗り出した。スマホをめぐる商慣行について、独占禁止法違反の疑いがある事例を示した指針を公表し、関連企業に是正を求める方針だ。競争環境の整備によって市場が活性化することを期待したい。

指針によると、スマホ市場には競争政策の観点から3つ問題点があるという。1つは通信サービス市場の競争不全だ。NTTドコモなど大手3社による協調的寡占の色彩が強く、料金が高止…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]