/

この記事は会員限定です

グレーな処理 毅然と対応

新日本監査法人・辻幸一理事長に聞く 契約解除を恐れず

[有料会員限定]

東芝の不正会計を見抜けず、昨年末、金融庁から行政処分を受けた新日本監査法人。ガバナンスや監査品質の向上を急ぐ辻幸一理事長は「なれ合いを許さず、公益性を重視して毅然と対応する仕組みが整ってきた」と話す。

――行政処分を機に顧客企業が監査契約の打ち切りに動きました。

「処分後に40社近い顧客が契約を解除した。信頼回復に特効薬はなく、新日本に任せれば大丈夫だという監査チームを作っていくほかはない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン