2018年11月19日(月)

子育て支援が日本を救う 柴田悠著 客観的データから政策考える

2016/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が打ち出す政策は、国民生活の安定や経済発展を目指している。目的は明確だ。ところが、どうしてその政策に決まったかというと、明快な根拠が見つけにくい。「国民が喜ぶし、効果もあるのでは」程度で決まっているとしか思えないことも多い。

今の日本にそんないい加減なことをしている余裕はない。「主観的な印象だけでなく、できるだけ客観的なデータにも基づいて」政策を決めるべきだと本書は訴える。

本書ではまず政策…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報