貴金属の国際価格上昇 米早期利上げ観測後退で

2016/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 貴金属の国際価格が上昇している。ニューヨーク市場の金先物価格は日本時間の28日、週初に比べ約2%高い1トロイオンス1350ドル前後と、約2週間ぶりの高値水準だ。白金(プラチナ)は5%近く急伸し、1年2カ月ぶりの高値となる1150ドル台で推移している。

 27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が追加利上げを見送り、ドルが主要通貨に対して下落。ドルの代替資産とされる金が買い戻された。FOMCの声明は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:52
12:47
北陸 6:02
6:00
関西 12:27
7:00
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
12:25
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報