/

この記事は会員限定です

人手不足のスーパー、レジ「セミセルフ」拡大

マルエツ、180店で導入 ヤオコー、全店の2割に

[有料会員限定]

スーパーで「セミセルフレジ」の導入が広がっている。店員は商品の価格を読み取るだけで、来店客は自分で精算する仕組み。首都圏地盤のマルエツは2017年3月までに全店の6割以上に導入。ヤオコーオークワといった地域に強いチェーンも採用する店を広げる。来店客の待ち時間を縮め便利にしながら、深刻な人手不足が続く店員の作業負担を減らす。

マルエツは17年3月までに180店に対応レジを導入する。試験的に始めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン