2018年1月23日(火)

埼玉医科大 糖尿病患者の増加、高齢化が主な要因

2016/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 ■埼玉医科大学 野田光彦教授らは日本の人口に占める糖尿病患者の割合(有病率)が、年齢調整をすれば従来とほとんど変わっていないとする研究結果をまとめた。近年の患者の増加は、日本人の高齢化が主な要因だとみなせるという。

 日本の糖尿病患者は増加傾向にあり、大半は生活習慣と遺伝要因の両方が影響して発症するタイプだ。研究チームは厚生労働省などのデータをもとに、198…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

野田光彦埼玉医科大学有病率厚生労働省



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報