/

この記事は会員限定です

日本国憲法変えるには 国民の過半数賛成が必要

[有料会員限定]

参院選後、憲法改正という言葉をよく聞くようになりました。憲法を変えた方がよいと考える政党が議席を増やして、憲法を変えられるかもしれないという状況になってきたからです。

憲法はどうやって変えるのでしょう。まず国会が「こう変えたい」という案を作ります。次にその案でいいかどうか国民に聞きます。英国が欧州連合離脱を決めたような国民投票をして、有権者の半分が賛成すれば、その案で決まります。

最初に国会が案を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン