/

この記事は会員限定です

大岡信の詩業を振り返る

編集委員 宮川匡司

[有料会員限定]

詩人、大岡信は、古今東西の詩歌のアンソロジー「折々のうた」で広く知られる。その詩作と批評活動の歩みを振り返る書物が、いくつか刊行されている。

菅野昭正編「大岡信の詩と真実」(岩波書店)は、大岡氏をよく知る詩人、俳人、評論家7人による講演、座談、評論を収録する。大岡氏は、1950年代以来、現代詩の創作と批評を詩壇の中心で担うと同時に、紀貫之、菅原道真、万葉集といった古典の評論や、古典から近現代まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン