2018年12月13日(木)

明石歩道橋事故「共犯成立せず時効」 最高裁、元副署長の免訴確定へ

2016/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2001年に兵庫県明石市の花火大会で11人が死亡した歩道橋事故で、業務上過失致死傷罪に問われた県警明石署の元副署長、榊和晄被告(69)について、公訴時効を認めて有罪か無罪を判断しない「免訴」の一、二審判決が確定する。最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)が12日付で、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。

争点となった明石署元地域官=実刑確定=との共犯関係について、同小法廷は「事故防止のた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

検察官役弁護士「強制起訴制度の意義示せた」[有料会員限定]

2016/7/15付

明石歩道橋事故とは[有料会員限定]

2016/7/15付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報