2019年2月20日(水)

京セラが毛髪再生医療 理研と組む、20年に実用化めざす
微細加工技術生かす

2016/7/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

京セラは理化学研究所などと組み、脱毛症を再生医療技術で治療する共同研究に乗り出す。患者から採取した健康な毛髪の細胞を加工、増殖した後に患者に移植する手法で、理研がすでに動物実験で実証している。京セラは電子部品で培った微細加工技術を生かして細胞の自動培養装置を開発し、2020年に細胞の受託製造事業への参入をめざす。

脱毛症に悩む人は国内で男女あわせて1800万人以上いるという。将来の臓器再生につな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報