/

この記事は会員限定です

魚の初物、高値傾向強まる

サンマ、築地市場で6割高 高級料亭・すし屋で引き合い

[有料会員限定]

魚の初物が高値となる傾向が強まっている。11日、東京・築地市場に今シーズン初めて入荷したサンマは大きいものが1匹3300円と史上最高値だった。カツオやタチウオも出回り始めに高値をつけた。季節感を売りものに消費者に訴える飲食店や小売店が多い。

11日の築地市場では入荷量が多い1匹130グラム弱のものが1キロ2万2000円前後と前年比6割高。9日に北海道釧路港で水揚げしたもので「今年は魚体が小さめで身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン