/

この記事は会員限定です

ドローン、山間部で配達

奥多摩町×国立情報学研、運用システム開発めざす

[有料会員限定]

東京都奥多摩町と国立情報学研究所(東京・千代田)はドローン(小型無人機)を活用した住民の生活改善に関する共同研究に着手した=写真。複数のドローンを飛ばし、山間部の住民への食料・日用品の配達や災害救援活動など様々な生活課題の解決に一体的に制御・運用できるネットワークシステムの開発を目指す。

山間部にあり深刻な過疎化に直面する同町は2015年6月からドローンの活用について検討を開始。活用の対象分野とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン