/

この記事は会員限定です

燃える森に生きる 内田道雄著

インドネシアの環境破壊警告

[有料会員限定]

今、世界で名前が付いている昆虫の8割、植物の6割は熱帯林で発見されたのだという。生物多様性の宝庫の熱帯林はしかし急速に失われている。アジアの環境問題を長年取材してきたベテランのフォトジャーナリストが、インドネシア・スマトラ島の密林に何度も分け入り、森林消失の現状を報告したのが本書だ。

1990年にインドネシアには国土の6割相当の1億ヘクタールの森林があった。熱帯林の面積はブラジルに次ぐ世界2番目だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン