/

この記事は会員限定です

工場・発電所、サイバー防衛

攻撃増加、企業の2割経験 産学官相次ぎ対策

[有料会員限定]

サイバー攻撃の標的が工場や発電所に広がり、産学官が相次ぎ対策に乗り出す。米ゼネラル・エレクトリック(GE)は日本を含む顧客企業の工場でセキュリティー対策を強化する。東京工業大学は発電所のデータ改ざんを監視する技術を開発した。経済産業省は電力事業者などと対策を共有する新組織を年内にもつくる。攻撃を受ける施設が出始め、生産停止や大規模停電の危険性が高まっている。企業活動や市民生活に影響が及ぶ前に防御策で先手を打つ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン