2019年7月16日(火)

感染症 備え十分か(中) 耐性菌リスク膨らむ
東南ア情報収集で協力

2016/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

薬が効かない薬剤耐性菌が世界で報告されている。抗生物質の使いすぎなどが原因だ。東南アジアなどで増加し、日本に入るケースも出ている。実態の把握や診断・治療研究の拡充が急務だ。

神戸大学の白川利朗教授は昨年、インドネシアで「NDM-1」という酵素をつくる耐性菌を検出した。この酵素の働きでほとんどの抗生物質が効かず、スーパー耐性菌と恐れられる。体力が弱っていると、ぼうこう炎や腎盂(じんう)腎炎になり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。