/

この記事は会員限定です

震える世界 英EU離脱を聞く(2)EU分断、西側世界裂く

仏国立人口学研究所研究員 エマニュエル・トッド氏

[有料会員限定]

――英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めました。

「歴史的な循環の始まりだと思う。前回の循環は1980年代、サッチャー英首相やレーガン米大統領とともに新自由主義が現れたころだ。グローバル化で国家や社会の境がなくなる夢があった。英と歴史・文化的につながりの深いアングロアメリカの世界でこの循環が終わった。米国では共和党の大統領候補となるドナルド・トランプ氏が保護主義を掲げ、移民問題を普遍化している」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン