/

この記事は会員限定です

慶大、山形・鶴岡のVB開花

地方都市、希望の星 「人工クモ糸」のスパイバーなど5社

[有料会員限定]

慶応義塾大学が山形県鶴岡市に先端生命科学研究所を開設して今春、丸15年を迎えた。構想づくりから先頭に立つ冨田勝・所長(58)のもとに若手研究者が結集。世界で初めて人工クモ糸の開発に成功したスパイバーをはじめ、慶応大発バイオベンチャー5社が誕生した。上場した企業もあり、地方の誘致で進出した異色の研究拠点は、少子高齢化、人口減に悩む地域の「希望の星」となっている。

「2世代後には、鶴岡が日本のシリコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン