/

この記事は会員限定です

東芝、AIで生産性向上

メモリー 「ムダ」分析時間1/3 深層学習で欠陥も検査

[有料会員限定]

東芝は主力の半導体メモリー工場の生産管理にAI(人工知能)による分析システムを取り入れた。深層学習(ディープラーニング)を使い、生産性低下の要因を見つけるための時間を3分の1に減らす。半導体は細かい作業も合わせると工程が2万にも及ぶうえ、回路形成から製品化まで3カ月程度かかるとされる。AIによる生産性向上の余地が大きいと見られており、同様の動きが広がりそうだ。

四日市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン