/

この記事は会員限定です

フロン、冷蔵庫の冷媒など かつて利用

[有料会員限定]

炭素やフッ素が結合した化合物「フルオロ・カーボン」の総称。家庭用冷蔵庫の冷媒として、1928年に米国で開発された。無色無臭のガスで、毒性がなく、燃えないことから「夢の物質」といわれた。油をよく溶かし、蒸発しやすいという性質もあり、金属・電子部品の洗浄剤、プラス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン