/

この記事は会員限定です

外国人労働者問題の視点(中)高度人材生かす人事管理を

双方向の国際移動進めよ 村上由紀子 早稲田大学教授

[有料会員限定]

日本の外国人労働者受け入れ政策は、主に専門的・技術的職業に携わる人、中でも高度人材をターゲットにして進められてきた。本稿では、高度外国人材受け入れの現状と課題について考えたい。

1990年代後半から先進国を中心に高度人材の需要が高まり、高度外国人材を積極的に呼び込む政策が導入されてきた。英国やオーストラリアのように外国人の選別や雇い主の責任を強める国もあるが、高度外国人材を歓迎する基本的な政策は続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン